DMReviewの正社員転職レビュー

Data Management Reviewとは、管理人のDmReviewが首都圏の正社員の転職情報をリサーチし、調査結果を皆さんに報告させて頂くお仕事レポートです。お役に立てれば幸いです。

【転職のすすめ】面接から既に始まっている?!英語を使う会社に転職したい人は必見!

 

皆さんこんにちは。

英語を使うお仕事って、ちょっとかっこいいように見えますよね。
でも実際にそういう会社に入るときにはどんな人が採用されているのか?が気になるところだと思います。

今回は実際の英語面接にフォーカスしてみようと思います!

 

最近英語を面接に取り入れる会社が増えてきている!?

ビジネスのグローバル化がさかんに言われていますが、国内企業でも英語を公用語にする企業(楽天、日産、日本板硝子など)があるほか、製造業や商社、IT系でも業務知識+英語ができる人材は今後もニーズが高まると予想されます。

少々古い資料ですが、TOEICテストを運営する国際ビジネスコミュニケーション協会が実施した、
上場企業における英語活用実態調査 2013年」報告書によれば、アンケートを行った上場企業3254社のうち75%が英語を会社で使用しており、全体の約半数の企業が海外で勤務できる人材の育成を推進していく
としています。


特に優秀な人材を採用することには2割の企業が積極的であると回答していることからも、入社試験での候補者の英語力は実際の運用能力(電話会議ができそうか、コミュニケーションが取れるか、業務知識を説明できるか、等)にフォーカスされることは想像に難くありませんね。
 

英語が使えると有利になる仕事5選!

今回は英語が使えると転職に有利になる事務職を紹介したいと思います!
英語力の目安としてはTOEIC700点以上を基準としてみました。
なぜかというとこれまでの経験上転職の際に英語が「できる」「ビジネス上で問題なく使える」と面接や書類選考で判断される基準がおおむねTOEIC700点程度であることと、TOEICを運営する一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会が発行している、TOEICスコア目標お助けツールでも、業務上で「できない」ことが無くなるのが700点以上から、となっていることが根拠になります。
やや目標としては高いかもしれませんが転職での成功をつかむためにぜひ目標にしてください。前置きが長くなりましたが、お仕事のご紹介を始めます。

サポートエンジニア(IT、ゲーム業界)

近年ゲームやアプリ開発の会社が急成長しており、日本への参入を考える会社も珍しくありません。こういった会社でも取引先とのやり取りは英語になりますが、エンジニアのサポートという形で文書を訳したりメールを書いたり、来日するクライアントや自社の要人とのアポイント調整、アテンドなどを担当する仕事があります。無論ゲームやITなど業界に関する最低限の知識は必要になりますが、業界経験をあまり問わない企業もありますので英語を活かし活躍できること間違いなし!
 

マーケティングアシスタント(広告業界)

こちらは業界の経験が必要になりますが、広告業界も海外へのPR戦略などを考える人材が必要とされています。ただ、大手の会社さんですと残業が多いことも知られていますので、今回はWebマーケティング会社でのアシスタントをピックアップしてみました。ウェブを使用した調査やPR文書の作成ができれば、英語力と合わせて年収UPも狙える業種です。こちらの業界も外資系の参入が多いので、グローバルな会社で働いている、最新のトレンドに関わりたいなどの希望がある方にお勧めです。
 

安全性管理(医薬品業界)

ちょっと意外かもしれませんが、医薬品業界でも英語を活かせる仕事があります。今回紹介するのは安全性管理という仕事です。内容としては世界中から集められたお薬の副作用に関する情報の一部を日本語に訳し、国の役所へ提出するデータとして整理することが主です。一見医療用語が多いので難しく思われがちですが、未経験でも英訳ができる、TOEIC700点以上などの条件で採用している企業もありますので、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?間接的ではありますが医療や患者さんの役に立てる重要な仕事です。なお製薬メーカーでも募集はありますが経験者向けがほとんどです。未経験の方はCRO(開発業務受託機関)という、製薬メーカーの下請け企業に入社にて経験を積み転職、という流れが一般的です。
 

会議通訳、翻訳サポート(医薬品業界)

英語が活かせる仕事で通訳は一番わかりやすいと思いますが、こちらは医薬品業界に特化した通訳になります。募集企業は主にCRO(開発業務受託機関)になります。近年、医薬品業界もグローバル化が進んでおり、頻繁に国際電話会議が行われています。とはいうもののなかなか業界にも詳しくて英語も話せる方というのは少なく、会議では通訳が入ることも増えてきています。主な仕事は会議での通訳(クライアントー自社間の通話)や議事録作成のサポート、社内文書の翻訳やメール文面の確認などになります。医薬品が市場に出るまでを支える重要な仕事でもありますので、興味があればぜひ!

 

転職エージェント(コンサルタント)

最後にご紹介するのは転職エージェントです。最近では外資系のエージェントや外資系企業特化のエージェントが多く活動しており、転職市場の好況も手伝って未経験でもエージェントの募集が出ています。
人のキャリアにかかわる部分などで責任感は伴いますが市場動向や候補者のニーズを探り最適なキャリア開発をサポートする部分にやりがいを感じられる人向けです。
主な仕事はウェブを使った転職候補者のサーチや連絡、求人を出している企業への訪問、人材ニーズの聞き出し、案件化、転職候補者の面談、面接サポートやスケジュール調整になります。担当する業種、業界もエージェントによりさまざまなので関わってみたい、憧れの業界がある方にもお勧めです。

 

実際に英語の面接を受けてみた!【例文あり】

私自身、実は英語の面接を受けたことがあるのですが、その時の様子を皆様に公開したいと思います!



聞かれる定番のQuestionとしては

Q「あなたのこれまでの経歴を説明してください Please explain your previous experience and background」

Q「将来のビジョンを話してください Can You tell me your future vision and prospective ?」

Q「あなたのどのようなスキルがわが社に役立ちますか?What kind of skills or knowledge you have may profit our company ?」

Q「現在の年収はいくら?希望額は?How much is your current salary? How much Do you request ?」



などですね

ちなみに私はこう答えました。

A「私はXXといいます。20XX 年に大学院を修了し、分子医学を専攻しました。20XX年からこの業界に入り、A社では臨床試験の現場スタッフを3年経験し、B社ではリーダーとして勤務し英語でのコミュニケーションを行いました。現在のC社ではマネージャーとして海外クライアント対応、交渉の経験があります。これまでの経験では臨床試験10本、医学調査3件の対応実績があります。」

A「将来はこの業界でのプロジェクトリーダーを目指しています。その達成のために、あと3年でXXの経験を積んでマネジメントを学び、5年程度でプロジェクトマネージャーの資格を取得、各方面のステークホルダーとの交渉ができるよう、他業種の関連知識を得ていきたいと思います。現在のステータスは全体のXX%程度かと思います。」

A「現状のタスクがどこにあるか、問題は何かを特定するスキルです。実例ではXXがありました。貴社が行うビジネスではXXのような課題に直面することがあると思いますが、その際には自己のアプローチと貴社のバリューであるXXをミックスしたソリューションを出せると考えています。」

A「契約年俸はxxx万円です。ボーナスはxxです。希望は現状以上です。(転職エージェントによっては、この部分を伏せるように言われることもあります)」

 

面接を受けてみて気づいたこと

一般的に日本企業の採用面接(転職、新卒ともに)では、自分の弱みや強み、失敗の経験やそれの対処、志望動機といった点に焦点が置かれ、就職希望者の現状のスキルや今後のビジョン、具体的な経歴、経験、そこから得たノウハウといった業務に直結する内容がやや薄くなる傾向があるように思えます。

日本企業に面接に行ったことも勿論ありますが、おおむね上記の印象は正しかったと思います。
結局面接をしてくれたけど、あれで私の何が評価してもらえたのか?
アピールは上手くできただろうか?
という疑念が残ることも多かったです。


外資系企業やバイリンガルをほしがる日本企業の全てがこうだ、ということは出来ないのですが、英語で面接を行う企業ではあくまで面接は候補者のビジネススキルや経験、会社に役立つかを見る場所であり、自分の経歴や知識をしっかり聞いてくれる印象があります。

たとえば私は過去に4回転職していますが、面接して頂いた日本企業の中にはなぜこんなに転職しているのか?
ただイヤになっただけなんじゃないか?君は社風に合わないかもと取り合ってくれない所もありました。
(なら面接に呼ばなくてもいいじゃん…。)

一方で、英語で面接した企業では、各社で何を経験し、次の会社ではこれを経験したいから転職しそれを達成できた、という内容をしっかり聞いてくださり、「It makes sense」と言ってもらえたことが印象に残っています。

無論、自分というものを伝えるにはどうするのがいいか?を事前に考えておく必要はありますが、一番大事なのは自分が何をしたくて、それを行うためにこうしてきた!ということを英語でも説明できるようにすることです。

表現や単語がたどたどしくても、自分が信じていることは何故か通じたりするんです、不思議なことに。また面接では、とくかく抑揚をつけて話す、自分の語りにストーリ―を意識することが一番大事かもしれません。

英語を使った日常会話も押さえておきましょう!【例文あり】

今回はちょっと役立つ英会話例文を考えたいと思います!

「挨拶」:まず一番間違いの多いところから。学校で習う挨拶の表現というのは
 
How are you ?
I’m fine, thank you. And you ?
 
だと思います。今日もどこかで呪文のように繰り返されている表現です笑。
How are you ?(調子はどう?)自体はネイティブの方もよく使う表現なので問題ないですが問題は回答の方。
I’m fine, thank you. And you ?は間違いではないのですが、ネイティブの方からはかなり堅苦しい表現に聞こえるみたいです。

I'm good!やExcellent!、 Pretty good!、Fine!など状態を一言で表現する返答が自然です。
仕事で電話会議をする際もいずれかを使うようにしています。And you?は在っても無くても通じるのでお好みで。なお、ちょっと疲れているな、という時にNot good という言い方をしたら「え、なんで?」みたいな反応をされたことがあります笑。
会話の最初に来る表現なので、返答はポジティブにいくのが慣例のようです!
 

英語での自己紹介

いくつか言い方はありますが、経験上以下の言い方で問題なく通じています。
 
・Let me introduce myself.
 
・Let me perform self introduction.
 
自己紹介の方法に決まりはないですが、ビジネスで見かける順番としては氏名→職務→在職期間→趣味程度です。
たとえば
I’m Kohei Tanaka, in charge of finance control and management. I have worked here for 7 years. My hobby is fishing and basketball. I am glad to be here and excited work with you. Thanks.
(田中浩平と申します。この会社では財務管理を担当しており、在職7年になります。趣味は釣りとバスケットボールです。ご一緒に仕事ができること、この場にいられること大変うれしく思います。よろしくお願いします)
 
といった流れです。仕事で面会しているとき初めての相手に自己紹介をするので、できるだけ短く、自分が何を担当しているのかを伝えることができれば十分だと思います。趣味や家族についての単語があった方が親近感を持ってもらいやすいですよ!休憩時間の話題にもなります。
 

面接で使える返事

Yes、No以外にも使いやすい表現を覚えて返答パターンを増やしましょう。
 
・賛同するとき
 
I totally agree.(全面的に賛成します)
It sounds good to me.(良い内容だと思います)
It is acceptable.(受け入れできる内容です)
 
・反対のとき
I have concern about..XX (XXについて懸念があります。)
 
・すぐに結論が出せないとき
 
Yeah, let me check.(ええ、確認させてください)
Well, let me see.(えーと、そうですねえ)
I am not quite sure about XX(XXについては確かなことは明言できません)
 
・相手が何を言っているかわからない、確認したいとき
 
・Can I clarify your meaning ?(あなたの伝えたいことを確認させてください)
・Sorry, I don’t catch you. Could you repeat again ?(言っている内容がよくわかりませんでした。もう一度お願いします)
・Sorry, I missed some words. Could you say again ?(聞き逃してしまいました。もう一度言っていただけますか?)
 
かなりレパートリーが広い分野になります。同じような内容でも会話の流れで意味合いが変わるので覚えにくいところです。自分が言いやすい単語、流れを考えて、いつも使う表現を固定してしまうのも手です。こればかりは数を重ねて覚えるしかないのが残念。。ただ上記はいずれも自分が使っているもので、数年間特に問題はなく通じています。
 
 

面接中の逆質問で使えるフレーズ

採用面接の最後に出てくるあれです。英語の面接で使用したものをいくつかご紹介します。
 
・Can I confirm the detail of the department scheme and responsibility ?
(各部署の組織と責任範囲について教えていただけますか? →各部署の業務を把握した上で問題を見つけ、次の質問につなげるため)
・I would like to challenge XX...to achieve this, what kind of issue or concern you have ?
(XXに挑戦したいとおもうのですが、実行する上での懸念や問題点はどのようなものがあるとお考えですか?)

面接の内容で自分の知りたいことがクリアになっている時はかなり質問を考えるのが大変ですよね。
上記のように組織の構造や業務を聞き出し、その中から自分なりに改善したほうがいいと思うところやその問題点を提案する流れはオールマイティに使えます。


いかがでしたか?
英語の表現は使っているみないとわからないものが多いですが、ちょっと慣れた感じで表現を使ってみたい、と思われるきっかけになれば幸いです。
 

いざ転職先で英語を使うときはどれくらい使いこなせればいいの?

「面接は何とか覚えられたけど、転職先の現地の人と日常会話とかできないかも…」という方もいるでしょう。
そんな方のために、面接後の英語に慣れるためのやっておくべきこと3選を紹介したいと思います!
 

転職先の英語に早くなれるために入社前にしておくべきこと その1

転職した先の企業がどのような業界の、どのような業種なのか、仕事相手は誰で、自分の責任はどこまでで、どのようなレポートをするのかを把握すること。

ちょっと日本の会社ではなじみが薄いかもしれませんが、外資系企業や英語を使う業種に転職する場合は面接に先立ってJob Descriptionという業務説明書のようなものが提供されるのが常です。

ここには、応募する職務や職種の仕事内容や要求される知識、業務範囲、おもな仕事相手(社内外)、上司と上司へのレポート内容について等がいろいろと書かれています。まずはこれを熟読して、その内容に対し自分が何を理解していて、何が分からないかを明確にすることが一歩です。

これ自体が英語で書かれているのでそもそも解読が大変ですが、これが読めないと仕事ではもっと苦労します。無論JDを読んでおくことで面接時の質問にも使えるので非常に重要なアイテムですね。

面接前にJDが無い、という会社は面接しないことを勧めます。
(募集業種が固まっていない、人事が機能していないおそれがあります)

 

転職先の英語に早くなれるためにしておくべきこと その2

入社したら社内の手順書はフローをしっかり確認し、略語や用語を理解すること。

日本企業でも同じことが言えますが、まずは社内の手順をしっかり把握することです。英語の手順書の場合、誰が、何を、どれくらいまで行うのか、最終決定者はだれか、というフローが載っていることが多いのでこれを見れば誰に相談すればいいのかが判断できるようになっています。

ここには社内の略語や用語の定義が記載されていることが多いので、目を通しておくことが仕事先の英語を覚える第一歩です。
大変ですが急がば回れ、です。

個人的には、ローマ字3文字の略語が多い印象があります。しっかりノートに書いて覚えていくのが一番です。

転職先の英語に早くなれるためにしておくべきこと その3

実際の電話会議やメール、過去の議事録で、業務がどの段階にあり、トラブルは何なのか、それに対する対応は何なのか把握すること。

英語を使う会社に入ると、メールが主な海外との連絡手段になりますが、業種によっては電話会議や面談が多くなります。メールの場合、過去のものをさかのぼって確認しやすいですが、会議や面談となるとその場で話に追いつくのは相当難しいです。

それをカバーするために自分が関連する会議や取引先、関連部署との議事録をしっかり把握しておくことをお勧めします。用語だけではなく、仕事がどの段階にあり、何をしなければいけないのか、誰が次のアクションをするのか等情報が議事録にはまとまっていますので役立つはずです。

転職が決まった後、上司などにメールで伝える方法!【例文あり】

転職をお考えのみなさん、こんにちは。
今回は晴れて転職が決まった時の御礼メールの例文を紹介したいと思います!

自分が退職するとき

Hello all

I would like to announce that I will leave XX on Aug2018.
It was great pressure to work, share the great experiences with you during my days in XX.

I would like to appreciate all your support and kindness.

Hope everyone and XX’s success in the future.

Best wishes,

(Private email;xxxx@.com)


簡便なものしか書いたことがないのですが、メールはあくまで挨拶なのでいつ退職予定なのかがわかれば十分です。具体的な引継ぎなどは担当者間で把握されていればいいので全社に向けた内容ならこの程度で十分でしょう。個人のメールアドレスについては、退社後も連絡を取りたい人だけでいいと思います。
 

上司、同僚が退職するとき

To AAA
It was great pressure to work, share the great experiences with you.
I Hope your success in the new opportunity!

Let’s keep in touch.
(Private email;AAAA@.com)



こちらも同様です。
同僚や上司が退職するときはメッセージカードを書くことが多いのでやむなく退職日に同席できなかった、会えなかった際にメールでフォローする方が一般的だと思います。
個人のメールを教えるかはお辞めになる人との関係性で決めればいいと思います。

シンプルですが中身を伝えることにフォーカスしてみましたが、いかがでしょうか?
あくまで人と人の付き合いなので、メールがこれで終わっても関係性が長く続く方が価値はあると思います。
同じ業界で働ているとひょんなことで元同僚と会ったりしますので、「立つ鳥後を濁さず」の精神ですね。

まとめ

いかがでしたか?英語の面接内容から転職先での動きについて大まかに記載してみました。日本語か英語かだけでも面接での内容が大きく変わることがお分かり頂ければ幸いです。

日本語も英語も面接のむずかしさは変わらないと思いますが、英語での面接では自分をはっきりと意識してプレゼンをする気持ちで臨む事が非常に大事だと思います。

英語を話して自分を語ること自体がなかなかレアな経験ですが、転職に限らずぜひ一度やってみることをお勧めします!

あ、私って英語で言うとこうなるんだ、私はこれがしたかったのか、という気づきが得られますし、自己紹介がすぐできるようになりますよ!